FC2ブログ
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
アンジェリカ 第一節⑩ 白炎(びゃくえん)
2007-08-22 Wed 20:32
 白い炎、男の大剣の刀身は正にそれになっていた。

 それは音もなく燃え盛り、無数の白い火の粉を巻き上げて月影の降る淡い闇を幻想的に彩る。

「彼女が……アンジェリカだ」

 男は言って右手を翻す。

 白い炎が伸びてマリアベルに襲い掛かる。

 マリアベルはその巨躯を浮かせてそれを避ける、意外にその動きは俊敏(しゅんびん)だ。

 だが、男はまた手を翻(ひるがえ)す。

 すると、白い炎がまるで生きているように動き、マリアベルの巨体に激突する。

「ギャアアアアァァァアアアア!」

蠅の巨体から絶叫が迸(ほとばし)る。

 ズズゥゥゥゥン

黒い霧を立ち上らせ、マリアベルの巨躯(きょく)が墜ちる。

「き、貴様ぁ」

 マリアベルが声を絞り出す。

 男は白い炎を自らの周りにまとわりつかせる。

 まるで巨大な白い蛇だ。

「かかってこい、さっき殺したお前の仲間達の許に送ってやる」

 男は異形の左手で手招きし、マリアベルを挑発する。

 マリアベルが羽根を羽ばたかせようとしたとき白い炎が四枚の羽根を打ち抜く。

 そして、男は一気にマリアベルとの間合いを詰め、異形の左腕をマリアベルの巨大な複眼に突き刺す。

「ギャアアアアアアアァァァァァァァ」

 黒い血が撒き散らされ、絶叫が広間に響き渡る。

「同じ手を何度も喰うと思ってるのか?、俺も嘗(な)められたもんだ」

 男は言って左腕を抉(えぐ)るように動かす。

 さらにマリアベルの悲鳴が大きくなり、男にかかる返り血もその量を増す。

 マリアベルはたまらず身を引き男と距離をとる。
「グハッ、ゲフゥ」

 マリアベルは咳き込み大量の黒い血を吐き出す。
 二人の周りを立ち上る黒い霧が渦巻いている

「十年前よりはちっとはマシになったかも知れねえが、所詮蝿は蝿だな」

 男はマリアベルを睥睨(へいげい)して、嘲笑を浮かべる。

「……殺してやる……」

 マリアベルは呟く

「殺してやるあぁぁぁぁ!」
 マリアベルは叫び男に突進する。

 その体格から考えてまともにくらえば普通の人間などひとたまりもないだろう。

 重い音と共に男とマリアベルの巨躯が激突し、男の足元の石床が豪快に破砕する。

 凄まじい力がそこに働いたことは疑うべくも無かった。

 しかし、男はマリアベルの突進を異形の左腕一本で止めていた。

「お前の相手はもう飽きた……いい加減死ね」

 男は告げ、無慈悲に右手を翻す。

 白い炎がマリアベルにまとわりつく。

 マリアベルは悲鳴を上げる暇(いとま)もなく白い炎に包まれ、数瞬のうちにその姿は炎の中に消えた。

 炎はみるみる縮み、巨大な剣の形状に戻る。

 私は、声を出すこともできず立ちすくんでいた。

 信じられないことの連続で思考は麻痺しかかっている。

 だが反面で多くの思考が飛び交っている。

 男が私の前に来る。

 私は、男を見上げ

「あなたは・・・いったい何なの、その力……それに十年前と……なんで十年前とあなたは変わっていないの?……本当にあなたは……化け物なの?」

私の質問に男は口の片端を上げ

「物分りが悪いな、言っただろう、俺は俺だと・・・な」

 男は言って私の目の前に剣を突き立てる。

「こいつを頼むぜ……アンジェリカ」

 男が剣に囁(ささや)きかけると刀身が一瞬揺らめく。

 男は優しい笑みを浮かべた。

 こんな表情もこの男は浮かべられたのか……そう思うほどに優しく、そしてどこか悲しげな笑み……。

「さて、やっと真打(しんうち)の登場か……」

 男は表情を不敵な笑みに変え何者かに語りかけた。



次へ●第一節⑪ 識者(しきしゃ

前へ●第一節⑨ 祝福(しゅくふく)

第一節目次へ

第一典へ

トップページへ



ネット小説ランキング>異世界FTシリアス部門>「アンジェリカ」に投票
↑ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(月1回)
別窓 | 第一節 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<アンジェリカ第一節⑨ 祝福(しゅくふく) |   銀蛇の巣 | 訪問者数三桁突入記念>>
この記事のコメント
そういえばマリアベルとの初戦と、アンジェリカの親が殺された年が合致していますね。……枢密卿の件も同年でしたっけ?段々と謎が解かれつつ、深まっていくのが良いです。読ませますね。

Angelica、辞書で色々調べてみましたがわかりませんー^^;どういう意味なのか、続きが気になります。
2007-08-23 Thu 01:08 | URL | 芥子果 #WzzJX4NY[ 内容変更] | top↑
やっと、題名にもなっている「アンジェリカ」という言葉が出て来ましたね。
やはり批評も感想も苦手だ;
伊達に感想文をぎりぎりまで書いてないわけじゃないな(ぁ
感想無くても、読んでますのでご安心を(何
2007-08-24 Fri 17:47 | URL | ベーコン #a2PHbR9c[ 内容変更] | top↑
少なくともここまで読んでくれているお二方の読者がいることに感無量です。
そう、白い剣……彼女こそがアンジェリカなのです。

夜に映える白い炎、その姿をイメージしてこのテンプレートにしたのですが。
不満が……リンクの表記が分かりづらい……
せっかく貼ってもどこにリンクがあるのやら分からないという方がいるのでは……
これでは相互リンクを私から申し出た方&私に申し出てくれた方に申し訳ない……(後者は今のところ一名ですが……)
変えるべきか……

2007-08-24 Fri 18:10 | URL | 銀蛇 #2Tva8WmY[ 内容変更] | top↑
ええっ、真打ちこれから!?
マリアベルさんの立場が…哀れなり~(T-T)
アンジェリカは、ケイトの真の名前かと思いきや、剣の名前でしたかー!
女性名ですよね。持ち主との関係にちょっと色気がありますね。さて、真打ちも見ますか。
2007-11-02 Fri 21:24 | URL | Michi #goVLvfsE[ 内容変更] | top↑
不幸なマリアベルに合掌

しかし、ハエと聞くとどうもベルゼバブを思い浮かべてしまうのは…おれだけか。
2008-01-02 Wed 19:18 | URL | 国民突撃兵 #-[ 内容変更] | top↑
「糞山の王」ですねww
まあ、私も思い浮かべないわけではないですが、この人はそこまで格が高くない;
まあ、一応大公と呼ばれる最上位クラスの悪魔ですからね、この程度ではないかと;
2008-01-02 Wed 21:52 | URL | 銀蛇 #2Tva8WmY[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
|   銀蛇の巣 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。