FC2ブログ
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
アンジェリカ 第二節① 遭遇(そうぐう)
2007-09-15 Sat 23:19
第二節 剣の代償

 


 僕は本のページをめくった。

 本の内容は法律だ。

 僕は父の跡を継ぎ法務官になるつもりだ、そのために日夜勉強をしている。

 学校に通ってはいるが今は長期休暇中のため、一日中こうして本と向き合っている。

 ガチャ

 ドアが開き一人の男が入ってくる。

「おっ、やっているなウェイン、だが、根を詰めすぎてもいけないぞ」

 入ってきたのは父だった。

 僕は本を閉じて一つため息をつき

「うん、わかってるよ父さん……でも、今がんばっとかないとね」

 僕は言って父に笑みを向ける。

「ところで、フローラはまだ帰ってないのか?」

 父の問いに僕は少し顔をしかめ窓の外に視線を向ける。

 二階の窓から見下ろす町にはもう明かりがぽつぽつと灯り始めている。

「買い物に行くって出ていったんだけど……まだ帰ってないのかい?」

「ああ……私が探しに出てみよう」

「いや、いいよ僕が行く、ちょうど気分転換もしたいと思ってたところだしね」

 僕は言って椅子から立ち上がったとき

「ただいまー」

 下から聞こえてきた声に僕は肩から力を抜く

「行く必要なかったみたいだね」

「の、ようだな……」

 父もほっとした様子で言う

「やれやれ、もうすぐ嫁に出るという自覚があるのやら……」

 父は少し寂しげに言う。

「行くって言ってもすぐ近くの家じゃないか、いつでも会えるよ、さ、いこう」

 僕が促すと父はうなずき、部屋を後にして階段を降りていく。

 僕もそれに続いた。

 僕の名はウェイン=ストライフ、18歳、最初言ったとおり法務官を目指して勉強中だ。

 家族は法務官である父、ケインと、今度結婚を控えている姉のフローラの三人、母は僕が生まれたときに他界した。

 以後、父は男手一つで僕と姉を育ててきた。

 下流ではあるが貴族の家柄で、豊かとはいえないがそこそこの家に住み、食べ物に困ったことも無い、さらに僕も姉もちゃんとした教育を受けさせてもらえたのも父の努力の賜物だろう。

 特にこの時代、女性が教育を受けられる場は少ない、そういったことからも、父は姉をこよなく愛していた。

 今度の姉の婚礼は父にとって嬉しいのとともに寂しいのだろう。

 姉を迎えに玄関に降りると、父と姉、そしてもう一人、玄関の外に見知らぬ男がいた。

年は二十歳前後だろうか、二メートルを超える長身に長く伸ばした銀の髪と、整った顔立ち……だが、さらに男を目立たせているのはその身に着けているものだ。

白い旅装束……白い旅装束は死者の衣装として一般の人間は決して身に着けない、さらに、大きな白いマントで左半身を覆い隠している
額には赤い布を巻き、背には鎖で巻かれた棺らしき黒い箱・・・。

この男は墓穴から這い出してきたのか……そんなことを僕は思い浮かべる。

男のその姿は僕に死を連想させずにはいられなかった。

「さっき男の人達に乱暴されそうになって、そこをこの人が助けてくれたの」

 姉が簡単な説明をする

「乱暴されそうにって、大丈夫なのか?」

 父が心配そうに問いかける

「ええ、危ないところで助けてもらったから……」

 姉は答える

「オイ、ここまで送ったんだ、文句はねぇだろ、俺は行くぞ」

 男は汚い言葉で言い、身を翻す

「待ってよ、お礼もしたいし」

 姉が男を引き止める

「娘の恩人に礼もせず返したのでは私の面子がたたない、よかったら食事でも食べていかないか、なに、遠慮は要らない」

「父さん」

 父の言葉に僕は小さく声を上げるが、父は取り合おうとしない。

「……俺は見てのとおりの無宿者だ、トラブルの元になるかも知れねぇぞ」

「だが、娘の恩人に代わりは無い」

 父の答えに男は一つため息をつき

「逃がしてもらえそうにもねぇな……それじゃ、お言葉に甘えて世話になるとするか」

 男は言って家に踏み入れた。



次へ●第二節② 語らい(かたらい) 

前へ●第一節エピローグ 朽ちた翼(くちたつばさ)

トップページへ



ネット小説ランキング>異世界FTシリアス部門>「アンジェリカ」に投票
↑ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(月1回)
別窓 | 第二節 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<HNの由来。 |   銀蛇の巣 | アンジェリカ第二節② 語らい(かたらい)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
|   銀蛇の巣 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。