FC2ブログ
 
無題 第二話2
2007-10-19 Fri 17:49
 窓の外は舞い降りる夜の帳に次第に浸されていく。

 前の通りには相変わらず人気はない。

 ソードは軋むベッドに腰掛け、一つため息をつく。

 その目の前でルシアとシオがランプのそばでトランプに興じている。

「ギュパ、マイルドストレートフラーッシュ!」

 シオがわけの分からない役を完成させる、ルシアは震える手で一枚カードを引き

「なんの、エースのシックスカードッ」

 やはりわけの分からない役の名を叫びカードをテーブルにたたきつける。

 よく見てみればエースが少なくとも七枚出ている

 暫く二人は黙り込み

「ギュパァ、ソードさん・・・これはいったいどっちの勝になるんでしょうか?」

「知るかぁっ!、」

 シオの問いにソードは叫び返す

「ソード、あんまりカッカしてるとハゲるよ」

「いらん世話だっ!」

 ルシアにさらに語気を強めて切り返し、ソードはまたため息をついてうなだれる。

「あのなぁ、ルシア、お前魔術師になりたいんなら、基礎知識くらい身につけてるんだろうな?」

「ないよ、それよりマホー見せてマホー、派手なやつ、ボーって火が出るのがいいな」

 はしゃいで即答するルシアにソードは頭痛を覚える

「・・・こんなとこで派手な炎の魔術なんて使った日には間違いなくこの宿が全焼するだろうが」

 ソードは動くたびに小さく音を立てる部屋を見回す

 外装に負けず劣らずボロイ部屋だ。こんなところで炎の魔術を見せろという時点で普通考えられない

「分かった、基礎知識だけは教えてやる」

「えー、なんかダルそー、それよりマホー使わせてよ」

「ギュパ、遊びましょうよ、ソードさん」

 言ってくる二人にソードはいったん俯き

「いいから・・・聞け」

 ソードは言って顔を上げて二人を睨む

「はい×2」

 その威圧感に二人はコクコクと首肯する

「さて、まずルシア、お前は魔法魔法とうるせぇが、この世に魔法が使える奴なんてのは存在しない」

ソードの講釈は意外な言葉から始まった。


ジャンク小説トップへ
別窓 | ジャンク2 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<無題 第二話1 |   銀蛇の巣 | 帰ってきますた!>>
この記事のコメント
断言するソード

魔法の定義とは?
この世界の魔法とは何なのか?

気になるじゃないですかー(笑)
2007-10-19 Fri 18:51 | URL | N&E #Tf9aLMeg[ 内容変更] | top↑
あぶない!
なんて危ない宿だ、床抜け10回目なんて・・・信じられん。
さっさと改装すればいいのに、あ、改装する金が無いからああなってんのか!そうじゃなかったら何の物好きだ。

魔法って何なのだろうか、こっちの小説だとマナを餌にして魔法を虚空から呼び寄せ、思い通りに操るという物なのですが・・・う~む後が楽しみです。
2007-10-19 Fri 19:46 | URL | 紅蓮 #-[ 内容変更] | top↑
N&E さん
本編でも”引き”には気を使ってるんですよ;
続きを読みたくなるように区切るの難しい;;

紅蓮 さん
次回、魔石術基本講座が始まるよー
2007-10-19 Fri 21:54 | URL | 銀蛇 #2Tva8WmY[ 内容変更] | top↑
私のトコでは魔法とはこの世にある風、炎、大地と契約すること、つまりエレメンタラーですな、そんな感じですが・・・
例外を除けば・・・・・・なんですけどね・・・・

続きが楽しみですww
2007-10-20 Sat 00:01 | URL | ウィスペル #-[ 内容変更] | top↑
ウィスペルさん
その系統の魔術もこの世界では出てきます;
ソードの使う魔術は少しだけ毛色が違います。
2007-10-20 Sat 21:24 | URL | 銀蛇 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
|   銀蛇の巣 |